現代製薬 - 犬の病気 - 白内障
ホーム  >>  愛犬のケアについて  >>  犬の病気 白内障

愛犬のケアについて

犬の病気

白内障

症状

目の水晶体の一部または全てが白くにごる疾患です。白内障はゆっくりと進行するため、初期はそれほど日常生活には影響がありません。症状が進行すると、視力が低下します。それによって歩行がぎこちなくなり、ふらふらと壁伝いに歩く、物にぶつかる、階段などの段差につまずくなどの異常行動がみられるようになります。犬は自分で目の違和感を訴えることができないため、飼い主様の発見が遅れがちとなる傾向があります。ひどい場合には失明するもありますので、日頃から愛犬の健康状態をよく観察しておくことが重要です。

原因

白内障には、先天的なものと、後天的な老齢、糖尿病、外傷、中毒などが原因として挙げられますが、特に多いのが老化が原因で起こる「老年性白内障」です。この白内障は6歳以上の犬に多くみられます。また、先天的なものとしては遺伝があり、生まれつき目が濁ったまま生まれてくる場合もあります。

治療の方法

薬で水晶体の白い濁りを取り除くことはできませんが、進行を抑える内科的治療(点眼、内服)は可能です。また、手術で白く濁った水晶体を交換する方法もありますが、手術自体が犬の負担になる場合もあるため、獣医師とよく相談しましょう。