現代製薬 - 犬の病気 - ノミアレルギー
ホーム  >>  愛犬のケアについて  >>  犬の病気 ノミアレルギー

愛犬のケアについて

犬の病気

ノミアレルギー(ノミアレルギー性皮膚炎)

症状

耳のうしろ、背中から腰部を中心に、尻、尾の付け根にかけて毛が抜け、小さな赤い発疹ができます。犬は痒みのため、舐めたり噛んだり引っ掻いたりを繰り返し、傷をつくっていしまいます。

原因

犬の身体の表面に寄生したノミが、血を吸う時に犬の体内に注入した唾液や、残した排泄物などが原因でアレルギー性の皮膚炎を起こします。

治療の方法

皮膚の痒みやただれを抑えるため、内服薬や外用薬、抗アレルギー薬などを使います。合わせて駆除薬などでノミとダニを予防します。また、タオルや毛布等もよく洗濯して、犬にとって清潔な環境を作ってあげましょう。犬の体やその生活環境からノミ・ダニ等の外部寄生虫の駆除が重要です。