現代製薬 - 犬の病気 - アトピー性皮膚炎
ホーム  >>  愛犬のケアについて  >>  犬の病気 アトピー性皮膚炎

愛犬のケアについて

犬の病気

アトピー性皮膚炎

症状

全身に激しい痒みが起こります。犬は体をしきりに舐めたり噛んだり引っ掻いたりを繰り返すので、皮膚があれて湿疹になったり、全身にひっかき傷ができたりします。

原因

アレルギー体質の犬が、空気中の花粉やほこり、ダニなどのハウスダストを吸い込むことで発症します。生後半年から3歳までに発症するケースが多く、代表的なアレルギーの一種です。

治療の方法

炎症やかゆみを抑えるため、ステロイド剤、抗炎症剤やヒスタミン剤などの薬物療法を行います。また皮膚のバリア機能を強化するため、原因物質を除去する目的でシャンプー後、皮膚を保湿し、こまめにお部屋を掃除することでアレルギーの原因となる物質をできる限り取り除きましょう。