現代製薬 - 犬の病気 - 椎間板ヘルニア
ホーム  >>  愛犬のケアについて  >>  犬の病気 椎間板ヘルニア

愛犬のケアについて

犬の病気

椎間板ヘルニア

症状

神経マヒや痛みによって、背中を触ると痛がる、足を引きずる、ふらふらする、階段の上り下りを嫌がる、などの症状が現れます。神経マヒがひどくならないうちに治療すれば治ることが多いが、神経細胞が壊死してしまうと手遅れに。生涯、神経マヒに悩まされることになります。胴長で短足のダックスフンド、ビーグル、シーズ、パグなどが椎間板ヘルニアになりやすい傾向にあります。

原因

飛んだり跳ねたりなど、過剰な運動の繰り返しで、頭部や胴体の重みを支える脊椎の、椎間板(クッションの役割をする)への負担が大きくなり損傷することが原因で起こります。

治療の方法

症状が軽度の場合は、ステロイド剤や抗炎症剤、鎮痛剤を与えて症状をやわらげ、安静を保ちます。痛みで足が動かないような重度の場合は、手術で神経を圧迫している部分を取り除きます。手術後は普通に運動ができるようになるまで、時間をかけてリハビリを行います。