現代製薬 - 犬の病気 - 肺炎
ホーム  >>  愛犬のケアについて  >>  犬の病気 肺炎

愛犬のケアについて

犬の病気

肺炎

症状

発熱のほか、咳がひどくなる・運動を嫌がる・元気がなくなる・食欲が落ちるなどの症状が現れ、呼吸困難や体力消耗により死に至ることもあります。

原因

細菌、真菌、ウイルス、寄生虫などの感染症が、肺や気管支に重度の炎症を併発し発症します。ほかにも刺激性ガスや粉末、揮発性が高く刺激性のある薬品を吸い込んだりしたことが原因となる場合があります。免疫力、抵抗力の低い子犬や高齢犬は肺炎になる危険性が高いです。

治療の方法

内科療法による薬の投与が中心になります。原因や症状によっては酸素吸入を行う場合もあります。興奮させないように清浄な環境で安静にさせておくことが必要です。