現代製薬 - 犬の病気 - フィラリア
ホーム  >>  愛犬のケアについて  >>  犬の病気 フィラリア

愛犬のケアについて

犬の病気

フィラリア症

症状

感染初期には症状はほとんどあらわれませんが、経過とともに軽い咳、運動を嫌がるようになり、脱毛などの皮膚病が出現しやすくなります。その後、息が荒くなる、咳がひどくなる、散歩時の休憩が多くなるなど心不全と同じような症状があらわれます。
末期にはお腹に水(腹水)がたまって膨れ、四肢に浮腫が生じ、意識がなくなり、血を吐くなどの症状があらわれ、やがて死に至ります。

原因

フィラリアは、細長い糸状の姿をした寄生虫で、蚊を媒介として犬に感染します。フィラリアに感染している犬の血液中には、 0.3ミリくらいの子虫(ミクロフィラリア)がいて、蚊が血液を吸うとき、蚊の体内に吸引され、ミクロフィラリアは蚊の体内で成長し、感染能力のある感染幼虫になります。この蚊が他の犬の血液を吸うとき、犬の皮膚に入り込み2次感染を引き起こします。 そして約3ヶ月間、皮下や筋肉内で成長を続け成虫となり、心臓の右心室及び肺動脈にたどり着き、諸症状を引き起こします。

治療の方法

以前は犬の死亡原因の上位にあったフィラリア症ですが、今では予防薬を投与することによって予防できる病気です。 予防薬の普及で、日本での発症率は減少しましたが、感染した場合は治療が困難で危険性が伴うため、確実に予防しましょう。
蚊はどこから飛んでくるかわかりません。室内飼いの場合でも予防薬を飲ませた方が安心です。投与については、病院で相談してください。