現代製薬 - 犬の病気 - 破傷風
ホーム  >>  愛犬のケアについて  >>  犬の病気 破傷風

愛犬のケアについて

犬の病気

破傷風

症状

感染してから大体5~8日で発症し、頭の側面の筋肉の強直性のけいれんに始まり、まぶたのひきつり、鼻の穴は開いたまま、口も開けにくくなり、嚥下不能になります。
次に首や全身の筋肉に強直性の硬直が起こり、関節も動かず歩けなくなります。その後、呼吸困難に陥り、多くは発症5日以内に死亡します。

原因

破傷風菌は土壌中で長く生きることが可能で、この菌が怪我・手術・去勢・断耳・断尾の際の傷口などから体内に入り込み「テタノトキシン」という毒素を作ります。この毒素が犬の運動神経や中枢神経を侵し、筋肉のけいれんなどを引き起こします。

治療の方法

細菌が増殖している傷の組織を切除し、患部をオキシドールで消毒し、感染の拡大を防ぎます。ペニシリンを患部及び全身に投与します。
その後は栄養剤、鎮痛剤を与え、光に敏感に反応するのを防ぐため暗い場所で安静にさせ、呼吸困難が併発している場合は、酸素テントに入れるなどして酸素を吸入します。