現代製薬 - 犬の健康管理 - 体温調節
ホーム  >>  愛犬のケアについて  >>  犬の健康管理 体温調節

愛犬のケアについて

犬の健康管理

体温調節

犬は体温調節が苦手な動物です。人間には皮膚に汗腺があるため、汗をかくことで体温調節をすることができますが、犬の皮膚には汗腺がありません。汗をかかない代わりに口を開けて「ハァハァ」と呼吸することによって、体温を調節しています。 肉球部のみに汗腺はありますが、発汗しても余り体温調節には影響しません。自分で体温調節が余りできない犬のためにも、特に暑さ対策には気を配ってあげるようにしましょう。

犬のための暑さ対策法

・背の低い犬は、アスファルトの道路から発せられる放射熱によって、気温以上に大きなダメージを受けます。 夏季の散歩はできるだけ日中を避け、朝晩の涼しい時間帯に行いましょう。

・室内で飼っている場合は、エアコンや扇風機などを上手く活用し、室内の温度を調節して過ごしやすくしてあげましょう。
ただし、室内が冷えすぎるのはNG。温度は冷えすぎないように設定するのがポイントです。

・犬が喜んでくつろげる、大理石ボードやアルミボードなどの暑さ対策グッズを用意してあげましょう。

・特に夏季に気をつけたいのが脱水症状です。いつも水をしっかりと飲んでいるか確認し、あまり飲んでいないようであれば飲水の中に少量の氷を入れるなどして、できるだけ水分を取らせるように工夫します。
また猛暑の際には、食事は栄養価の高い缶詰やレトルトのウェットタイプにするのもお勧めです。